ダイエット中に起きた貧血

3ヶ月間、ずっと同じペースでダイエットをしていたわけじゃありません。ペースは下り坂。最初が滅茶苦茶辛いことやってて、最後の方が緩くしていった。最初は、最後まで突っ走るつもりだったんですけど、途中で貧血でダウンしちゃったんですよ(汗)。がんばりすぎ注意……。

ダイエット最初の1週間くらいはウォームアップとしてそんなに大げさなことはしませんでした。ジョギングもウォーキングからはじめて10kmをフルに走れるように近づけるだけでしたし、食事も麦飯にこそしたもののおかずは普通のものを食べてました。

ウォームアップを終えたら徐々に運動量を増やしていって、1ヶ月を終えるころには1日15km~20kmのジョギングが当たり前になってたし、食事もとにかくヘルシーにこだわりました。

その状態で1週間くらいかな? 続けていたら急にジョギング中に頭がグルグルしちゃって近くにあったベンチに座り込んじゃったんですよ。幸い家からそんな遠くじゃなかったので公園で水をがぶ飲みしてゆっくり歩いて帰り、おかんに説明。そしたら病院に連れて行かれて「貧血です」っていわれちゃったのでした。

■無理なダイエットにも限度が
貧血意外にも水分不足や栄養不足も指摘されちゃって、点滴を打たれました。ダイエットの無茶が原因なのは明らかでした。

いやぁ、あの時は焦りました。何しろ人生初の危機感でしたからね。それまで風邪やらインフルエンザやら色々やりましたけど、そんなのよりよっぽど命の危機感を感じました。ベンチに座り込んで家まで帰ったって先生に説明したら「無茶しやがって!」みたいなこと言われちゃいました。そんくらい結構危なかったみたい。普通なら救急車出動レベルってさ(苦笑)。

今でこそ「あの時はほんと大変だったわ」って思いますけど、当時はそれほどの大事には捉えてませんでした。「じゃあ食生活改善して、運動量少し減らすかなぁ?」と、ダイエットを断念するってことまでは考えてませんでしたもん。

それで運動量は少し減らして、食事も工夫してちゃんと食べるようにもなった。栄養について勉強して、どんな野菜をどう食べれば良いのかってことまでちゃんと考えるようになった。この時に勉強したお陰で、その後の1人暮らしの食生活はちゃんと送れたってのもあるなぁ。