3ヶ月間の体重変化

高校3年の1半ばからダイエットをはじめ、大学入学の4月半ばまで、約3ヶ月間ダイエット生活を行った結果、21kgものダイエットに成功。その内訳を1ヶ月毎に分けると、最初の1ヶ月に約10kg、2ヶ月目に約5kg、3ヶ月目に約5kg。だいたいそんな感じです。

最初に50%近い体重を落としているのにまず注目。太ってる人ほど脂肪は落ちやすいから、それがひとまず大きな要因だったでしょう。96kgもあったわけですから、体重70kgの人が10kg痩せるっていうのに比べたら遙かに落としやすかったに違いないでしょう。

さらに、最初の1ヶ月はとにかく毎日カロリー消費に勤しんで食事も疎かだったものですから、ぐんぐん体重も落ちていきました。日に日に体重計の数値が落ちていくのに気持ちよさも感じていた時期です。

しかしその結果、貧血でダウンというトラブルを招いてしまいました。無茶すればそれなりのリスクを伴うものと実を持って学ぶことになってしまいました。

■計画通り痩せられたもんだなぁ
貧血ダウンのお陰で無茶なダイエットに若干ながらブレーキをかけることができ、その結果、以降は体重変化も緩やかになったのでしょう。

といっても、ほんとブレーキをかけたのは僅かに。ブレーキペダルを思いっきり踏むんじゃなくて、ちょっとだけ、「ブレーキ引きずってる?」ってくらい(笑)。だから相変わらず一般常識的なダイエットに比べたら無茶には変わりなかったと思う。でも、若干でもブレーキをかけたお陰でその後は貧血も無ければ他のトラブルも起きなかった。

ダイエットは体重を落とすほどに落ちにくくなるものだけど、その割には2ヶ月目、3ヶ月目も5kg落とせたのは「凄いやん!」と自分でも思う。そりゃあ痩せるだろうという生活はしてたんだけど、ホントに思い通りに痩せてくれるとびっくりもしちゃうさ。

上手く痩せ続けられたのは、筋トレが良かったのかな? 筋肉を鍛えつつダイエットすることで脂肪は落としやすくなるってダイエット本で勉強してそれを実践してたんですけど、もしかしたらそれが首尾よく痩せられた鍵かも。