麦飯を食うべし!

白米といえば日本人の基本ですわな。当たり前のように毎日炊いて毎日食べる。美味いし日本の食卓には欠かせない白米ではありますが、これがダイエットには結構な大敵。というのも、白米のカロリーは侮れないんですよ。

白米は1合で約550kcal。僕なんかは1合くらいは平気で食べちゃいます。その気になれば2合だって。そしたら摂取カロリーは余裕の1000kcalオーバー。ここにおかずが加われば、1500~2000kcalを一食で摂取となるでしょう、これで1日2食としても1日の摂取カロリーは余裕でオーバーです。白米ってダイエットの大敵でしょう。

だから炭水化物抜きダイエットっていうのもあるんでしょうね。白米を一切食べずにおかずだけで食事をする、それだけで1日の摂取カロリーは大幅に減らすことができるんです。まぁ、白米好きな人には辛いダイエット法ですけどね。

僕なんかは絶対できませんね。お茶碗があってそこにこんもりと白米が盛られており、おかずをつまんで白米を口に運ぶ。幸せな食事です。そんな僕でも、ダイエット中は白米を控えました。白米を控え、その代わりに麦飯を食べていました。

■白米よりカロリーが低い
もう前にも書いたと思いますけどね、僕はダイエット開始に合わせて自分用の炊飯器を購入して麦飯を炊くようにしました。最初は麦100%でしたけど、あまりにも麦麦しすぎていたので米と半々に、最終的には麦7割の米3割に落ち着きました。

白米を麦飯にすると何が良いか? まずカロリーが僅かに麦飯の方が低く出来るんです。白米1合で約550kcalのところ、麦飯100%では約490kcal。60kcalは低く抑えられるんですな。僕は米を3割加えていたのでそこまでカロリー数は落とせていなかったけど、100%白米に比べたらダイエット食にはなっていました。

また、麦は食感が強いために食べにくいです。食べにくいので噛む回数が増える、食事ペースが遅くなる、すると満腹中枢が高まってお腹一杯になりやすい、よって食事量を減らすこともできるんですな。実際、僕は麦飯にしたことで食事量が減りました。お腹がどんだけすいていても、食が進まないんです。麦の独特な匂いも抵抗があったからなお食欲が低減していたってのもありますね(苦笑)。

また、麦はカルシウムや食物繊維が滅茶苦茶豊富とのこと。健康食として食べるのもオススメ。