どうして朝は痩せやすいんだろう?

朝の早起きが健康に良いことはなんでかみんなイメージにありますよね? 僕もそうです。きっと子どもの頃に親に早寝早起きをしつけられていたからかな? それとも長生きしてるじいちゃんばあちゃんがいっつも4時5時なんていう早起きだからかな? とにかく朝は健康に良いイメージで、ダイエットにも朝というキーワードが大きく関わっています。そして朝の健康イメージってのはイメージだけじゃなくてちゃんとした理由があるんですよね。

ダイエットについての朝について解説すると、これは、人間がエネルギーを消費する方法のひとつである食事誘導性熱産生というメカニズムが大きく関わっているようです。人間は食事をすると暑くなって汗をかいたりします。僕なんか汗っかきなので食事の後は汗が凄いっす。で、この食事の後に汗をかくというのは消化吸収作用のためにエネルギーが消費されて熱を発するんだそうです。

この食事誘導性熱産生の働きは常に一定ではなく、1日の時間のうち最も活発なのは午前中で、午後になると段々活動が落ちてきて夜中には最も低くなってしまうとされています。つまり早くに食事をするほうがエネルギーを消費しやすく、遅く食事をするほどエネルギーを消費しにくいってことになるんです。

■食事誘導性熱産生のメカニズム!
もっと分かりやすく説明すると、夜にどかっと食事をまとめちゃう人は、食事誘導性熱産生の関係で太りやすくなってしまうんです。朝昼と食事を制限して運動をしていたとしても、夜食を食べているようではダイエットは成功しにくいとなってしまいますし、太りやすい生活となってしまいます。逆に早起きして朝食を食べ、お昼もなるべく速めに食べれば食事誘導性熱産生でエネルギーを消費しやすくダイエットに最適となり、また痩せやすい体質にもなりやすいんです。

この朝型の生活にすると痩せやすいという原理を利用したのが、朝ダイエット法になるってわけですね。早起きして朝食を食べ、また運動を加えることでもっとも有効的にダイエットを進めることが出来るというわけです。ダイエット効果を高めることが出来るので、それほど厳しく苦しい運動や食事制限をせずとも痩せられるというメリットもありますね。

どうです? 朝は健康に良いというざっくりとしたイメージだけでなく、ちゃんとしたメカニズムを知ると健康的にもダイエットにも朝は良いって納得できますよね? 僕は大いに納得です(笑)。