朝のダイエット食事はどうする?

朝に食事をすればエネルギー消費は多いんですけど、だからといって必要以上にどか食いしたり消化に悪いヘビーな食事はするべきじゃないみたいです。

午前中の胃腸は前日に摂取した有害物質や脂肪を体外に排出する時間帯のようで、この時に胃腸に負担をかける食事をすると体に良くないんです。全く食事を取らないという朝食抜きも良くないけど、朝食にがっつりと食べるってのも良くないんですね。朝はさっぱりとしたり軽いものが食べたくなりますけど、これは気持ちだけじゃなくて体がそう感じさせているってのもあるのかも。

いわゆる朝食っぽいものは体に良いみたいです。シリアルや果物など。どっちも朝食の定番で食べやすいですよね。朝から焼肉なんてヘビーなものは良くないし、そもそもそんなヘビーな食べ物を朝から食べたいとも思いませんよね(笑)。不思議なもんで、忙しくて夕食を抜いてしまった次の日の朝はおなかが空いてたまらないかと思いきや、そうでもないんですよね。これもまた体の調子を考えて空腹感が調整されているのかな?

■ダイエットに適した朝食
ちなみに朝食はご飯派とパン派に分かれやすいと思いますが、これはどっちの方がダイエットに向いているんでしょうね? ちなみに我が家はご飯派です。忙しい時はトーストを焼いてさくっと済ませてしまう日もありますが、基本的にはかみさんが毎日ご飯を炊いて味噌汁を作ってくれます。これで「パンの方が朝食は良い」となったらちょっとショックですね(汗)。

気になって調べてみたところ、良かった安心! どうやらパンよりご飯の方が朝食にはオススメという意見があるようでした。パンと言うのは小麦の他に塩分やマーガリンにバターといった油分に添加物などが含まれているためにカロリーが高く、また胃腸への負担も大きいとのことです。また、日本人というのは欧米人に比べて腸が長いためにパンが腸壁にこびりついて機能低下を招きやすいという考えもあるようです。日本人は古くからご飯を食べてきました。それに素直に従うのが最も健康的と言えるんでしょうね。

朝食1つダイエットについて取り上げてみても面白い情報が得られるものですね。ただ闇雲に朝ダイエットといって朝食にがっつり食べたりしていたら、効果的なダイエット法も意味を成しませんからね。折角ダイエットするんだから失敗したくありません。気になるところはちゃんと調べてから僕はダイエットをはじめますよ~。