朝のダイエット運動はどうする?

朝は運動するにも良い時間帯って言われてます。何でも同じ運動を朝と夜に行ったとした場合、夜に比べて朝の方が10%ほど多くエネルギーを消費するんだそうです。つまり夜より朝に運動するほうがプラス10%痩せやすくなるってことですね。これは大きな差です!

しかも、人間の代謝能力は朝から昼にかけて徐々に高くなっていくらしいのですが、朝に運動することで体が目覚めて一気に代謝能力が高まるんだそうです。すると1日中代謝能力が高い状態が保てるために普段の生活の中で消費するエネルギーも増えるんだとか。

となると、いつも深夜にジョギングしている人が世の中にいますけど、そういう人は10%損してるってことになるなぁ。遅くまで起きているのは早起きより簡単な感じがするけど、それだったらがんばって早起きしてジョギングしたほうがいいよ! ってつい言いたくなっちゃいますね(笑)。まぁ夜に走るのが好きな人もいるでしょうから、一概には「夜のジョギングはやめた方がいい」なんて言いませんけど。

■ストレッチや筋トレが重要
朝の運動がダイエットには非常に有効というのは十分分かりましたけど、じゃあどんな運動をすると良いんでしょうかね? その答えは食事と同様で、ヘビーなものは避けることみたいです。

朝起きた後というのは体が固く動きも鈍い状態です。確かに目が覚めてベットから起き上がるのはとろ~りって感じで体も重苦しいですよね。その状態で準備運動もなしにジョギングでもやろうものなら体を痛めてしまいかねませんし、つまずいて転んで怪我もしてしまいます。まずはストレッチや軽めの筋トレの準備運動で体を目覚めさせる必要があるようです。

また、ストレッチや筋トレというのは体を起こして和らげる効果意外にも、脂肪が燃えやすくなる成長ホルモンの分泌作用もあるんだとか。このホルモンが分泌される中でウォーキングなりジョギングといった有酸素運動を行えば、ダイエット効果はさらに高まります。さらに、ストレッチや筋トレで筋肉を刺激することで筋肉量が増えれば代謝能力が高まってダイエット力を増します。

朝の運動といえばジョギングかな? というのが僕のイメージでしたので、ストレッチや筋トレがこれほど重要となるというのは意外でした。