汗じゃなくて脂肪が重要

今日は夜に雨が降ったので湿気が厳しい中でのバイトでした。雨上がりってのが実は非常に暑さが厳しいんですよね。気温は驚くほどじゃなくても、湿度が高いとじめっとして嫌な暑さなんです。

まるで梅雨が戻ってきたみたいだなぁってな位の湿気で、汗はこれまでで最高にかいたんじゃないかな? 今年の夏はカラッとしない日が多い気がします。夏の暑い陽射しとカラッカラの空気が好きな僕にはちょっと物足りないものがあります。あぁ、ハワイ行きたいなぁ~(笑)。

前にもちょこっと書いた気がするけど、汗をかいたからといってダイエットに有効ってわけじゃないんですよね。もし汗をかけばかくほど痩せられるんだったら、喜んで汗を大量にかきますとも。サウナにも行っちゃうし長風呂もしちゃいます(笑)。確かに発汗すれば体は温まって脂肪燃焼効果が高まるようではあるんですけど、体を動かさなければ意味がないはずです。

家の近所には、サウナスーツを着込んで毎朝ジョギングをしている女性がいます。面識が無い人なので分からないけど、30代主婦って感じの人。僕がバイト先に向かう時間帯にいつも見かけます。クルマでちらっと見るだけでも大汗をかいてるって分かります。

■汗をかけば体重落ちるけど
その人がどんな目的でサウナスーツを着て走ってるのか知りませんけど、心配です。朝とはいえちょっと体を動かせば汗をかいちゃう暑さです。そんな中、発汗を促すサウナスーツを着て運動しようものなら、汗をかきすぎて干乾びちゃうんじゃないのかなぁ(苦笑)?

もともと、サウナスーツってのはボクサーが減量するために使うものなんだっけ? 一時期その発汗作用が話題になってTVショッピングでやたらと宣伝してたなってのを覚えてます。ボクサーの減量は大変って聞きますから、それを一般人がダイエット用に使用するってなるとかなり過酷というのは容易に分かります。

調べてみると、サウナスーツダイエットなんてのもあるみたいです。でも、有効にそのダイエットを行えるのは冬のような寒い時期に着て運動効果を高める目的でという説明がありました。またはサウナスーツを着て準備運動をすることですばやく体を温めるなど。暑い日にサウナスーツは水分不足のリスクが高いってことも説明しています。やっぱり危ないんだ。

確かに人間は汗とたくさんかいた後では体重がびっくりするくらい落ちます。僕もバイト終わりに体重を量ってみたら1kg以上も落ちていたなんてざらです。でもそれは水分を失ったことで落ちた体重であって、脂肪が落ちたわけじゃないからまたすぐに戻っちゃうんですよね。ダイエットで大切なのは脂肪を落とすこと。