夏休み返上でアルバイトダイエット

昨日から、かみさんは実家の熊本に帰省してます。子どもも連れてっちゃったので家に僕一人ぼっち。今年は家族旅行にいけないので、僕抜きでも夏休みを楽しんでもらいたいってことで一人お留守番になりましたが、やっぱ寂しいもんです。

「1人だ! ひゃっほい!」という気持ちもそりゃあ多少なりともあるんですけど、どっちかって言えば寂しいほうが強いです。だって友だちと遊べるかな~と思ってみても、みんなどっかに旅行したり実家に帰ったりしちゃってるもんですから、結局は1人ぼっちなんですよ。多分家でクーラーをガンガンに効かせてTVゲームでもやって終わるでしょうな、僕の夏は(笑)。

ダイエット目的ではじめた早朝アルバイトが無ければ僕も2、3日くらいはかみさんの実家に行けたんだけど、「忙しいから出てくれない?」って、ただでさえ8月から週4日のところを週5日に増やされてしまっているものですから「お盆なんで休みますね」なんて言えませんもん(苦笑)。夏にアルバイトすることで夏休みが潰れるってことが先に分かっていたら、他のダイエットを考えたかもしれないのになぁ…… ちょっと失敗(汗)。

■ダイエットバイトで早起き早寝さんに
そうそう、かみさんが実家に帰っちゃってるから朝は自分で起きないといけないんですよね。実はそれが一番心配だった。1人で5時前に起きれるかなって。なもんですから、昨日の夜は目覚まし時計を2つ、さらに携帯電話のアラームもセットして眠りにつきました。

でも心配は無用でした。目覚ましがなる5分くらいにパチッと眼が覚めましたから。体が危機感を感じていたからかもしれないけど、それよりここ1ヶ月以上も早起きが続いたものですから慣れちゃったんでしょうね。すっかり早起きさんになれていたみたいです。かみさんたちは後5日帰ってきませんけど、もう朝の心配は無さそうです。良かった良かった。

早起きさんにはなれたけど、早寝さんにもなったなぁ(笑)。僕は寝るの大好きなもんで、毎日6時間は最低でも寝ないと満足できないし疲れも取れないんですよ。ですから、5時起きとすると前日の23時には眠りにつかなきゃいけません。23時にベッドに入ってすぐ寝れるわけじゃありませんから、22時くらいにはもう家族に「おやすみ~」って言って寝室に行っちゃいます。

最近夜更かしを覚えた娘よりも早く寝室に行くこともあるくらい。21時にはベッドに入りなさいって言ってるんだけどなぁ~。こっそり抜け出して居間で本を読んでます。漫画本じゃないから夢中で良いことなのかな~って思うものの、夜更かしは良くありませんよね、やっぱ。